不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

衣類乾燥機の捨て方6選!お得な処分方法から料金まで徹底解説

使わなくなってしまった衣類乾燥機の処分方法からお得な処分方法を徹底解説
 
花粉症の方や、外に洗濯物を干したくないという方、季節を問わず洗濯物を素早く乾かしたい方にとって便利なのが衣類乾燥機。衣類乾燥機は一般的に長持ちする電化製品でありますが、衣類乾燥機の寿命って一体どれくらいなのか、故障理由と原因、故障してしまった場合の修理費用の目安を紹介します。
 
また衣類乾燥機を新しい住まいに引っ越す際に処分したいが、処分方法がわからないといった方や、新しく衣類乾燥機を購入するつもりなので古い衣類乾燥機の処分に困っている方達に、正しく衣類乾燥機を処分する方法と、お得に処分できる方法を解説します。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

衣類乾燥機は粗大ゴミに出せる?

衣類乾燥機は家電リサイクル法の対象製品なので、粗大ゴミに出すことができません。家電リサイクル法とは、家電に使用している資源のリユースやリサイクルを目的として定められた法律です。経済産業省
 
処分するにはリサイクル料金と収集運搬料金を支払う必要があります。リサイクル料金は衣類乾燥機を販売しているメーカーごとに異なります。
 
どうしても自治体で処分したいといった方は、地域のクリーンセンターに問い合わせてみましょう。自己搬入になってしまいますが、引き取りをしている地域もあります。

衣類乾燥機のリサイクル料金目安

メーカー別衣類乾燥機のリサイクル料金
アクア、LGエレクトロニクス、三洋電機、SHARP、東芝、ハイアールジャパン、Panasonic、日立、富士通、三菱電機 2580円(税込)
テクタイト、その他メーカー 3261円(税込)、その他メーカー0120-319640へ問合せ(9時~18時、日曜・祝日を除く)

一般財団法人家電製品協会 品目別メーカー別リサイクル料金

脱水機は粗大ゴミに出せる地域も

脱水機は衣類乾燥機よりもサイズの小さいものが多いので、粗大ゴミとして出せる可能性があります。ごみの分類は地域ごとに定められているため、必ず自治体の公式サイトを確認しましょう。
 
粗大ゴミとして処分する場合は、戸別収集と持ち込みの2つの方法があります。手数料に500円程度かかるので、リサイクル処理券を購入します。

衣類乾燥機の捨て方6選

衣類乾燥機を処分する方法
 
衣類乾燥機は普通のゴミとは違い、家電リサイクル法という法律に指定されている品目であり、処分方法も一般的なゴミの処分方法とは異なります。
 
ではこの家電リサイクル法のルールに従って衣類乾燥機を処分するにはどうすれば良いか見ていきましょう。

衣類乾燥機を買い替えて、古い衣類乾燥機を処分する

家電量販店や電気屋で衣類乾燥機を買い替えるつもりなら、お店が新しい衣類乾燥機を家に運搬してくれる際に、古い衣類乾燥機を引き取ってくれます。必要な費用はリサイクル料金と運搬料金だけで、それをお店側に支払えば買い替え及び古い衣類乾燥機の処分は完了となります。
参考:一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター

買い替えせずに衣類乾燥機だけ処分する

衣類乾燥機などの家電製品を取り扱っている小売業者は、家電リサイクル法に定められた規定により、過去から現在までに販売した対象家電の回収が義務付けられているので、自分が衣類乾燥機を購入した店舗に連絡して、リサイクル料金と運搬料金を支払えば、処分完了となります。
 
もし自分が衣類乾燥機を購入した店舗を忘れてしまった場合は、お住まいの市区町村の自治体に問い合わせをすれば、回収してくれる小売業者などを紹介してもらえますし、自治体が代行して回収してもらえる場合もありますので、まずは近隣の自治体に連絡しましょう。
 
この際もリサイクル料金と運搬料金の支払いが必要となります。

指定引取場所に衣類乾燥機を自分で運搬する場合

この方法の特徴は運搬料金がかからないことです。

手順としては以下の通りです。

    衣類乾燥機の処分方法

  1. 郵便局に行く:郵便局で家電リサイクル券を受け取る
  2. 家電リサイクル券の項目に記入する:記入後、リサイクル券を提出してリサイクル料金を支払う
  3. 最寄りの指定引取場所に行く:家電リサイクル券と処分する衣類乾燥機を持って指定引取場所に行けば処分完了となります

最寄りの指定引取場所の検索はこちらから参考:指定引取場所検索
 
衣類乾燥機を自分で指定引取場所に持ち込む場合を除いて、リサイクル料金と収集運搬料金がかかることが分かって頂けたと思います。リサイクル料金と収集運搬料金の総額はメーカーにもよりますが、5000円以上はかかるということになります。

処分したい衣類乾燥機を売る、買い取ってもらう

処分したい衣類乾燥機を売る、買い取ってもらう
 

処分したい衣類乾燥機をリサイクルショップであったり、ネットフリマ・オークションで売れば、リサイクル料金や運搬料金は不要で、売れた場合は収益となるので、できれば処分する前に売れるのか確認したいものです。
 
ではどういった衣類乾燥機が売れるのか、リサイクルショップで売る場合、ネットフリマ・オークションで売る場合の方法をまとめてご紹介します。衣類乾燥機の買取基準は?
 
衣類乾燥機を売りたいと思っても、製造年月から長きに渡って(10年以上)使用していたものや、動作に不備がある、傷、汚れが酷いと買取不可になってしまう場合もあります。

    衣類乾燥機の買取基準と高く売る為にチェックしたい項目

  • 製造から5年以内で動作に問題がなく、汚れ、傷があまり見受けられない衣類乾燥機
  • 製造から3年以内で動作、外観に問題がなければ高価買取してもらえる可能性が高い
  • 人気のあるメーカー(Panasonic、日立、東芝、シャープ)の衣類乾燥機で人気モデルも買取金額が高い
  • 高く売れる時期は新生活が始まる前の2月、3月、洗濯物が増えるシーズンである夏の7月、8月
  • 付属品は全て揃っているか、説明書はあるかで買取価格が変動する

売りたい衣類乾燥機のタイプ(ドラム式など)・メーカー・製造年月を事前に調べておくことも重要です。

リサイクルショップで買い取ってもらうメリット

多くのリサイクルショップは衣類乾燥機の買取に対応していますし、出張買取を利用すれば。わざわざ衣類乾燥機を店舗に持ち込まなくても自宅で査定、買取をしてくれるところもありますし、LINEまたはメールで写真を送って事前査定してくれるところもあるので有効活用しましょう。
 
事前査定できるところは、衣類乾燥機のタイプ・メーカー・型番・製造年月・状態などを分かる範囲でいいのでメール、写真などで送れば買取可能か不可かわかるので、一度無料査定で出すことをおすすめします。

ネットフリマ・オークションで衣類乾燥機を売る方法

この方法はすぐに衣類乾燥機を処分したいという方や、オークション、フリマのシステムが分かりにくいという方にとっては、逆に不便となるかもしれませんのでメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

    メリット

  • 自分の売りたい金額で衣類乾燥機を出品することができる
  • 多少状態に難があっても買い手がいれば売却することができる
  • 衣類乾燥機の状態が良く綺麗なら買取店よりも高く売れる可能性がある
    デメリット

  • 衣類乾燥機を出品する際、写真を撮ったり、説明文を書いたりなどの手間がかかる
  • 出品するところ(メルカリ、ラクマ、ヤフオク)によって、売れた際に出品手数料3.5%~10%取られる
  • 売れた際、梱包作業、送料の負担がかかる(送料は出費者負担か購入者負担か選べる)
  • 買い手がつかないと、いつ売れるのか分からないので時間がかかる

結論から言うと、この衣類乾燥機はいまいくらで売られているのかという市場価格などの情報を知っていて、適正な価格で売れる方はネットオークション、ネットフリマに出品するのが良いでしょう。

不用品回収業者に衣類乾燥機を処分する

お得に衣類乾燥機を処分できる不用品回収業者にお願いする
 
不用品回収業者と聞くと、ただ衣類乾燥機を回収して処分してくれるだけで費用も掛かるんじゃないかと思われるかもしれませんが、不用品回収業者はただ単に不用品を回収してくれるだけじゃなく、不用品の回収と買取を同時に行ってくれる、即日で対応してくれる、日時指定ができるなどどいった、便利なサービスを提供してくれます。

    不用品回収業者はこんな方におすすめ

  • 早く衣類乾燥機などの不用品を処分したい方
  • 買取可能なら衣類乾燥機やその他の不用品を買い取ってもらいたい方
  • 仕事などで忙しいので、手間をかけずに衣類乾燥機を回収してもらいたい方
  • 衣類乾燥機をただゴミとして廃棄するのではなく、リサイクル、リユースして欲しい方

衣類乾燥機の処分なら不用品回収業者KADODE

KADODE
 
KADODEは九州地方のみならず、東日本や西日本を含む日本全国でサービスを提供している会社です。サービスの特徴は不用品回収のみならず、遺品整理、ゴミ屋敷の片付け、不用品の高価買取を行っています。
 
料金体系はホームページに掲載されており、税込表示で記載、あらゆる諸経費が全て込みで入っているお得なパックプラン、価格も業界水準に照らし合わせると、かなりのお手頃価格となっています。
 
お客様対応も徹底していて、24時間365日(年中無休)対応可能で、即日対応もOK、最短1時間で現地まで出張もできます。
 

KADODE
主な対応エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、大分県、福島県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県
最安値プラン SSパック5000円(税込)~、作業費、追加料金等が込みのプラン
見積り料金 無料
主なサービス内容 不用品・粗大ゴミ回収、不用品買取、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理、引っ越しに伴うゴミ回収など
営業時間 24時間365日年中無休
電話番号 0120-966-926
住所 東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル6階
即日対応 可能
買取サービス あり
軽トラック積み放題 あり
公式サイト https://spuma.jp/

評判・口コミ

    みんなの口コミ
    こちらで不用品回収と買取を依頼しました。買取金額が思っていた以上に高くて驚きました。回収料金を安く抑えることができ大変満足です。

 

    みんなの口コミ
    定額パックプランを選び不用品回収をお願いしました。料金も安く、何よりもスタッフの迅速な対応、作業がスピーディーで素晴らしかったです。

おすすめポイント

基本料金・出張費・車両費込みのお得な定額パックプランを6つ用意してあり、荷物の量に合わせて幅広く選ぶことができる。ゴミ袋満タン一個分のまごごろパックを6つのパックプランに1000円で追加することもできる。
訪問見積り無料。
国内・輸出販売の事業も行っているので、不用品買取の金額が予想以上に高かったとの声も寄せられている。

衣類乾燥機の処分に関するよくある質問

衣類乾燥機を処分する際に、よくある質問をまとめました。寿命や故障のサイン、修理する場合の費用をご紹介します。
 
これから衣類乾燥機を処分する方は、ぜひ確認しておきましょう。

衣類乾燥機の寿命は何年くらい?故障で見られる症状は?

衣類乾燥機の寿命と故障理由、修理方法
 
衣類乾燥機の平均寿命は、早くて6年、長持ちすれば15年だと言われています。もちろん使用頻度によってはバラツキはありますが、故障しにくく、長持ちする電化製品と言えるでしょう。

    衣類乾燥機の故障のサイン

  • 運転中にカラカラという異音がする、音がうるさくなる
  • 運転中に突然、停止状態になる
  • 正常に運転はするが、洗濯物が乾いていない状態で出てくる
  • 電源が入らなくなる

以上のような理由で故障することが多いようです。

衣類乾燥機の故障の原因は何?

    故障の原因

  • 丸ベルトが切れた
  • フィルターが目詰まりした
  • 内部の部品が故障、破損した
  • ヒーターやファンの不調

フィルターの目詰まりが原因の場合は掃除機などでフィルターを掃除すれば、直る場合がありますが、その他の原因の場合は、購入先のメーカー、修理業者に依頼するべきでしょう。

衣類乾燥機の修理にかかる費用は?

衣類乾燥機を修理に出す際にかかる費用は、製造メーカーによって異なりますが

    修理費用

  • 出張費用
  • 部品が壊れていたら、部品代金
  • 修復作業料金

保証期間内であれば、無償で修理してくれるかもしれませんが、保証期間を過ぎてしまった場合は以上の料金がかかります。修理料金は大抵の場合1万円~となっていますが、故障状況に応じてはさらに高額になるケースもあります。
 
なので自分で直せない程に故障してしまったら、新しく衣類乾燥機を購入した方が安く済むかもしれませんので、メーカーに問い合わせて修理代金がいくらかかるのか聞くと良いでしょう。

衣類乾燥機の捨て方まとめ

ここまで衣類乾燥機の処分方法を色々紹介してきましたが、自分に合う処分、買い取ってもらう方法などは見つかりましたでしょうか。この記事が衣類乾燥機の処分に迷っている方の参考になれば幸いです。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

東北地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑

不用品のお悩みは解決しましたか?
今ならWEB割開催中!

KDDポップアップ

>>> 料金の詳細はこちら <<<

 

KDDポップアップ