不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

電気ケトルの捨て方は3つ!処分方法とポイントを解説

もう悩まない!これで分かる!電気ケトルの捨て方!処分方法とポイント

お客様
お客様
電気ケトルは、不燃ごみ?粗大ごみ?自治体での捨て方はどうしたらいいのか分からない!
お客様
お客様
中古の電気ケトルを買い取ってもらえるの?買取相場も知りたい!

不要な電気ケトルを捨てたいと思った時、多くの方は自治体のごみ回収を思いつくでしょう。ごみとして捨てる以外の処分方法も実はあります。

 

この記事では、電気ケトルの捨て方をポイントを押さえて解説しています。捨て方の手順が分かりやすくなると、もう迷わずに済むでしょう。

 

ごみとして捨てようとしている電気ケトルでも買取対象となることもあるので、お得な捨て方も選べます。この機会に、相応しい捨て方を見つけてください。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

電気ケトルの自治体での捨て方

何ごみで捨てる?知って役立つ!電気ケトルの自治体での捨て方!

電気ケトルの捨て方でまず思いつくものと言えば自治体のごみ回収ですが、自治体で電気ケトルを捨てるには何ごみで出せば良いのか悩んでしまいませんか?自治体のごみ回収を使った電気ケトルの捨て方をご紹介します。

不燃ごみか粗大ごみで捨てる

電気ケトルの分別は自治体で異なりますが、不燃ごみか粗大ごみと決められているところが多くなっています。

粗大ごみの定義は、一辺の長さが30cm以上としている自治体や50㎝以上としているところもあるので、確認が必要です。

 

電気ケトルが不燃ごみの対象なら、指定のごみ袋に入れて出すだけで済みます。

 

一方、粗大ごみ扱いとなる電気ケトルは、事前の予約が必須なので以下の手順に従って処分を進めましょう。

 

  1. 自治体のごみ処理センターに電話やインターネットから申込をする
  2. 有料粗大ごみ処理券を指定場所で購入しておく
  3. 電気ケトルに粗大ごみ処理券を貼って収集日、指定収集場所に置く

 

タンスや机などの粗大ごみとは違うコンパクトなものですが、粗大ごみで捨てるには電気ケトルも一定の手続きは同じようにしなくてはなりません。

自治体の分別ルールと手数料事例

自治体 分別ルールと手数料
仙台市 30㎝を超えると粗大ごみ 400円
横浜市 30㎝未満だと金属ごみか燃やすごみ

金属で30㎝以上、プラスチックで50㎝以上では粗大ごみ

大阪市 30㎝を超えると粗大ごみ、それ以下は普通ごみ
堺市 30㎝を超えると粗大ごみ、400円
品川区 30㎝を超えると粗大ごみ、400円

小型家電リサイクル回収ボックスや窓口回収で捨てる

自治体次第では、電気ケトルを小型家電リサイクル法に基づいて回収ボックスや窓口回収で対応しているところもあります。小型家電による回収としている自治体では、不燃ごみや粗大ごみでは捨てられないので、ルールに従ってください。

 

家庭ごみを出すのとは違い、指定場所の窓口で回収したり、回収ボックスに入れたりと捨て方がやや特殊です。まず、自治体で電気ケトルの分別がどう指定されているかを調べてみましょう。自治体によっては、「電気ポット」と記載されているところもあります。

 

たとえば、京都市の場合は、電気ケトルで30cm×40cm×40cm以下のものは「拠点回収」、

それより大きい場合は「大型ごみ」と指定されています。

 

回収ボックスや窓口回収を利用する場合、施設によって回収品目や受付時間が違う場合もあるのであらかじめ問い合わせておくのが賢明です。

電気ケトルを捨てずに買取してもらい処分

捨てる前に!需要が結構ある!電気ケトルを買取してもらい処分!

電気ケトルを捨てる前に、正常に使えるものなら買取してもらって処分する方法もあります。リサイクルショップやフリマアプリなどを利用するポイントをご紹介しましょう。

リサイクルショップで中古のニーズが高い

電気ケトルを買取してもらうのに、利用しやすいのがリサイクルショップです。大型の家具や家電を買取してもらうのと違い、電気ケトルなら店頭への持ち込み査定が可能なので利用しやすいでしょう。

 

コンパクトですぐにお湯が沸く電気ケトルは、中古でも需要が高い家電です。コンディションの良いものならすぐに捨てずに査定だけでも受けてみましょう。

オークションやフリマアプリに出品する

リサイクルショップの他には、電気ケトルをフリマアプリに出品する方法もおすすめです。

自分で価格を設定できるため、リサイクルショップより高く売れることも期待できます。

概ね1,500~2,000円代で取引が成立している電気ケトルも多くなっています。

 

ただ、すぐに売れるとは限らないため価格の調整も必要になるでしょう。また、売れた時の発送方法や費用も考慮しておかなくてはなりません。

電気ケトルを不用品回収業者に回収してもらう捨て方

選ぶポイントは?楽で早い!電気ケトルを不用品回収業者に依頼する捨て方!

電気ケトルを捨てるのに、粗大ごみの手続きをするのは面倒という方もいるかもしれません。電気ケトルは、自治体での捨て方以外なら不用品回収業者の依頼をする方法もあります。

 

買取査定額がつかないものや粗大ごみよりも早く処分したいものなどでも、最速で持って行ってくれるので便利な方法です。

業者選びのポイント

不用品回収業者は、以下のポイントを押さえておくと良質な業者を見つけられます。業者次第でサービスの質や料金設定にばらつきがあり、中には無許可で営業している業者もあるので業者選びはしっかりとしておくに越したことはありません。

  • 無料見積もりを行い詳細が明確である
  • 複数の見積もりを取り内容や料金を比較する
  • 一般廃棄物収集運搬許可を得ている
  • 追加費用の有無を確認しておく
  • 不用品買取も依頼するなら、古物商許可を得ているかも確認する
  • 無料回収の巡回トラックは違法業者の可能性が高いので依頼しない

 

電気ケトルの捨て方でよくある素朴なQ&A

疑問を解決!プロが回答!電気ケトルの捨て方でよくある素朴なQ&A!

電気ケトルを捨てる時に、素朴な疑問が浮かんで来ることも多いものです。その答えをまとめてご紹介しましょう。捨てるにもお金のかかる時代なので、少しでも経済的な捨て方を知っておくようにしたいものです。

電気ケトルの寿命はどれくらい?

電気ケトルの寿命は、3~5年程度です。状態の良いうちに買い替えをするのも得策でしょう。特に粗大ごみ扱いとなる大きさだと、費用は安いものの捨て方は手順に従う必要が出て来ます。

寿命を知った上で正常に使える時に買取してもらう方が、高い査定額がつく期待もできるでしょう。

不用品回収業者の費用はどれくらいかかる?

不用品回収業者への依頼が便利だと分かっても、気になるのが費用の問題でしょう。電気ケトルの回収費用は、以下が目安です。詳細は、各業者で見積もりを取ってください。

  • 基本料金 3,000円程度
  • 単品処分の料金 500~1,000円程度

買取可能な電気ケトルはどんな条件?

まず、買取査定を受けるためには電気ケトルが正常に使えるかを確認してください。正常に使えるものなら、再販後にすぐに売れやすくなるため買取してもらえます。

 

ただ、製造年から5年を過ぎている電気ケトルだと、寿命から考えた故障リスクが高くなるため買取は難しくなるでしょう。しかも、5年を過ぎるとメーカーの部品が提供されなくなることも影響しています。

 

下記のメーカーは、人気が高くその中でも販売価格が高かったものが査定額も高くなる傾向になります。

  • ティファール
  • デロンギ
  • バルミューダ
  • タイガー魔法瓶
  • ハリオ

メーカーの他にも、製造年・容量・機能についても確認しておくのがおすすめです。使用感が少なく傷や汚れもないものほど、買取額が高くなります。

電気ケトルの買取相場はいくら?

実際に電気ケトルを売却しようと思ったら、気になるのが買取相場ではないでしょうか?メーカーや機種、状態によって査定額の幅が出ますが、数百円~3,000円程度が買取相場です。

 

たとえ数百円でも処分にお金をかけなくて済むのは助かるでしょう。ただし、せっかくリサイクルショップに持参しても値段がつかないこともあるので、買取可能な条件を見た上で判断してみましょう。

 

リサイクルショップ次第でも、査定基準が異なるので可能なら複数社で査定を受けてみるのが理想です。

電気ケトルの処分も不用品回収のKADODEにお任せください

お気軽に!見積もり無料!電気ケトルの処分もKADODEにお任せ!

粗大ごみの利用が面倒という方、電気ケトルの他にも不用品を処分に迫られている方などは、不用品回収のKADODEにお任せください。最速なら当日回収も可能なので、お急ぎの場合にも間に合います。

 

またKADODEでは、不用品買取も同時に行っていますので、コンディションの良い電気ケトルなら売却も可能です。

  • 手軽に電気ケトルを捨てられる
  • 面倒な手続きも不要で自宅まで出張回収できる
  • ほかの不用品とまとめて格安な定額プランで依頼できる
  • 処分の期限がある時でも間に合う

電気ケトルの他にも、粗大ごみとして捨てるしかない不用品や自治体では回収不可のタイヤやバッテリーなども回収できます。どうぞお気軽に電話やインターネットからお問い合わせください。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

電気ケトルの捨て方まとめ

まとめ!丸わかり!電気ケトルの捨て方

意外と悩んでしまうのが電気ケトルの捨て方ですが、それぞれの処分方法で納得いただけたでしょうか?処分方法のポイントを押さえておけば、電気ケトルは正しく捨てられます。状態の良いものなら、積極的に買い取ってもらうのもおすすめです。

 

捨てるしかない電気ケトルなら、不用品回収業者なら手間もかけずに回収してもらえます。よりお得に処分するなら、電気ケトルを単品ではなく他の不用品も一緒にして不用品回収業者の検討もしてみてください。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

東北地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑

不用品のお悩みは解決しましたか?
今ならWEB割開催中!

KDDポップアップ

>>> 料金の詳細はこちら <<<

 

KDDポップアップ