不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

消火器の処分方法5つ!費用と注意点もあわせてご紹介!

消火器の処分方法5つ!プロが分かりやすく解説!費用・注意点・リサイクルシール!

お客様
お客様
消火器を処分したいけれど自治体では回収できる?それ以外の方法もあるの?
お客様
お客様
消火器の処分は費用がどれくらいかかるのか知りたい!薬剤が入っているものだけに扱いが心配・・・。楽な処分方法がありますか?

家庭で設置している消火器は、使用年数が来たり劣化の症状が出たりすると処分しなければなりません。消火器は、普通に自治体のごみ回収で処分ができるのでしょうか?消火器はたびたび、廃棄するものではないため処分方法が分かりづらいものです。

 

今回の記事は、消火器の処分方法5つを分かりやすくご紹介しています。また、消火器の処分費用の違いや処分の仕方、処分する際の注意点も解説していますので、ぜひ参考にして処分の際にお役立てください。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

消火器の処分方法5選

自治体では回収できない!初めての方でも分かる!消火器の5つの処分方法!

消火器は、自治体の粗大ごみで受け付けできなくなりました。2005年に消火器のリサイクルが進められるようになったためです。早速、消火器の処分方法をご紹介していきます。

特定窓口で引き取りをしてもらう

消火器はリサイクルを推進するために、「特定窓口」で引き取りを行っています。

  • 消火器の販売代理店
  • 防災・防犯事業者

これらの窓口は全国に約5000ヵ所あるので、利用しやすいところを見つけると引き取りをしてもらえます。ただ、すべての窓口が、引き取り対応になっているわけではないので確認は必要です。

特定窓口か指定引取場所に持ち込みする

また、直接「特定窓口」の他には、以下の「指定引取場所」に消火器を持ち込むこともできます。

  • 消火器メーカー営業所
  • 廃棄物処理業者

「指定引取場所」への持ち込みは「特定窓口」を利用するよりも、費用が安くなるのがメリットです。ただし、全国に約200ヵ所しかないため最寄りで利用できない可能性もあります。また、持ち込みの際にも注意が必要です。

 

対応している特定窓口や指定引取場所を探すには、「リサイクル窓口検索」が便利です。

または、こちらのコールセンター 03-5829-6773(9時から17時まで)でも問い合わせができます。

消火器メーカーの回収センターに送付する

消火器メーカーの初田製作所の回収センターへ、家庭用消火器を送付することで処分ができます。

エコリサイクルセンターの申込方法

電話 0120-822-306 10時~12時 13時~17時
(土日祝日を除く)
インターネット 家庭用廃消火器回収リサイクル 24時間可能

 

エコリサイクルセンターの利用手順

  1. 回収の申込をする
  2. 回収の専用箱やゆうパック伝票などが到着する(代引きで料金を支払う)
  3. ゆうパックを利用した引き取り回収してもらう
  4. 廃消火器が再資源化拠点へ届く

買い換えの際にホームセンターに引き取りしてもらう

また、消火器の買い換えに伴ってホームセンターで廃消火器を引き取りしてもらうこともできます。消火器を廃棄するだけでは利用できませんが、買い換えを検討している時なら、便利な方法です。

 

たとえば、カインズでは無料引取りサービスの対象品目に消火器も記載されています。ただし、店舗へ持ち込まなければならないので注意しておきましょう。また、消火器の種類によって回収不可となっているものもあるので、あらかじめ確かめておくことをおすすめします。

 

他にも、コメリでも不要品引き取りサービスで消火器も無料で引き取り可能です。購入後1ヶ月以内にレシートと一緒に店舗へ持ち込みしてください。

 

不用品回収業者に回収してもらう

手間をかけずに消火器の回収をしてもらうには、不用品回収業者の依頼がおすすめです。窓口を探して申し込みをする必要もありませんし、この後で説明するリサイクルシールの購入も不要です。

 

特定窓口や指定引取場所のように消火器の回収対象が決められていないので、問題なく利用できます。

 

注意してほしいのは、悪質な業者の存在です。廃棄物収集運搬の許可や古物商の許可があるかを調べてみましょう。料金や評判もできる範囲で調べておくのが無難です。

消火器の処分にかかる費用

消火器の処分に必要な費用!相場はいくら?リサイクルシールが必要!

消火器の処分費用は、方法によって差があります。費用の差だけではなく利便性を考えて納得の行く方法を選んでみましょう。

消火器のリサイクルシールとは?

消火器はリサイクルが推進されるようになり、2010年以降の製品には「リサイクルシール」が貼られています。リサイクルシールは、以下の費用に充てられる仕組みです。

  • 特定窓口や指定引取場所から再資源化拠点の物流費
  • 処理費用
  • 管理費

このシールが貼られていない消火器は、リサイクルシールの購入が必要です。

  • 小型用リサイクルシール 1枚 600円程度(オープン価格なので窓口により多少異なる)

購入場所は、特定窓口・指定引取場所・消火器リサイクル推進センターです。

特定窓口で引き取りしてもらった場合

特定窓口で引き取りを依頼すると、費用相場は約2,000~3,000円です。リサイクルシールのない場合には、リサイクルシール代と収集運搬費用がかかります。

特定窓口か指定引取場所に持ち込みした場合

一方、特定窓口か指定引取場所に持ち込みをした場合には、収集運搬費用の負担が無くなります。ただ、保管費用が必要とする場合もあるのであらかじめ確かめておきましょう。

最寄りで利用できるところがあり、持ち込みの負担を感じない方ならお得な方法です。

初田製作所の回収センターへ送付する場合

初田製作所のエコリサイクルセンターへ送付する場合の費用は、薬剤量3㎏以下か3L 以下の消火器は6,270円(税込)です。

 

初田製作所の営業所が近くにあれば、そちらに持ち込むことも可能です。営業所がない場合でも、西濃運輸の利用もできます。持ち込み費用はかかりません。

ホームセンターへ引き取ってもらった場合

買い換えという条件が付きますが、ホームセンターに引き取りをしてもらう時には、無料回収も可能です。

買い換えを計画している方は、無料回収ができるお店を調べておくと処分まで一気にできます。

不用品回収業者に依頼した場合

不用品回収業者に回収をしてもらう場合には、リサイクルシールの購入はしなくて済みます。回収費用として2,000~3,000円がかかりますが、業者間で差が生じるため、基本料金の確認や追加料金の有無などは確かめておくと安心です。

消火器を処分する時に注意しておきたい点

注目!消火器の処分時に注意すべき点!危険性を知っておこう!

消火器を処分する際には、薬剤が入っているものだけに注意すべき点がいくつかあります。処分を進める前に目を通しておいてください。

消火器のリサイクル回収の対象製品は国産のみ

リサイクル回収ができる消火器は、国産の製品だけです。たとえば、エアゾール式消火具や外国製消火器は対象外となります。

 

エアゾール式消火具は、普通のスプレーと同じように薬剤を抜くと自治体で決められている廃棄方法で処分できます。

  1. 30L 程度のビニール袋に新聞紙を丸めて入れる
  2. 袋内で消火具を音がしなくなるまで放出させる
  3. 新聞紙の入ったビニール袋は可燃ごみで、消火具本体は自治体の分別に従って出す

 

腐食した消火器の放射や解体をしてはいけない

消火器は、設置から年数が経過すると錆や腐食が見られることもあります。老朽化している消火器は、安全に使用できる条件を満たしていないと考えられます。

 

そのため、薬剤を出してしまおうと放射をしたり解体をしたりすると思いがけない消火器の事故になることもありたいへん危険です。

 

老朽化の見極めをチェックしておくことをおすすめします。

  • 黒く変色している
  • 底の塗装がはがれている
  • 蓋が破損している
  • 消火器が変形がある
  • 錆や塗装の剥離がある

レバーの操作や衝撃だけでも危険性があるので、購入店や特定窓口へ相談をしてください。

収集や運搬の際に薬剤の飛散や漏えいを防ぐ

消火器の持ち込みや送付の際には、慎重に扱う必要があります。薬剤の飛散や漏えいを防ぐためにもビニール袋をかぶせるようにしましょう。

また、安全栓の有無によって以下の点も処置をしておいてください。

  • 安全栓があるなら、ストッパーが固定できるようにセットしておく
  • 安全栓がないなら、テープなどでしっかり固定する

不用品回収のKADODEなら心配なく消火器の処分ができる

不用品回収にお任せ!楽で安全!KADODEなら心配なく消火器の処分が可能!

普通の粗大ごみを処分するのとは違い、薬剤を圧入している消火器の処分は注意が不可欠です。持ち込みをする際にも、老朽化した消火器だと薬剤が飛散する可能性もゼロではありません。

 

できるだけ心配や不安がなく消火器を処分したいという方なら、不用品回収のKADODEへお気軽に申し付けください。

  • 消火器を運搬する必要がない
  • 都合の良い時間帯に回収できる
  • 他の不用品とまとめて回収できる
  • リサイクルシールが無くても回収できる
  • 消火器の種類を問わない
0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

消火器の処分方法と費用まとめ

消火器の処分・費用まとめ!ぴったりな方法で!

初めて消火器を処分する際に、自治体の回収ができないと知り戸惑ってしまう方も多いでしょう。しかし、消火器の処分方法は他の方法で対応してもらえます。

 

お伝えした消火器の処分方法の中から利便性や費用から向いているものを選んでみましょう。

 

もしもの火災の時にも、消火器が使えるようにしておくことは非常に大切なことです。この機会に、使用期限の切れたものや老朽化したものの処分をきっちりと進めてみませんか?

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

東北地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑

不用品のお悩みは解決しましたか?
今ならWEB割開催中!

KDDポップアップ

>>> 料金の詳細はこちら <<<

 

KDDポップアップ