不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

メガネの捨て方はもう迷わない!納得できる処分方法をご紹介

もう悩まない!プロが教える!眼鏡の捨て方5つをご紹介

お客様
お客様
メガネはどんな捨て方があるの?自治体のごみなら分別は?
お客様
お客様
メガネをみすみす捨てるずに、何か役立てることはできない?

デザインが飽きてしまったメガネ、流行遅れのメガネ、破損してしまったメガネなど不要になったメガネは、どのような捨て方をしたら良いのか迷ってしまうものです。

 

「ごみに出すなら分別はどうすれば良いか?」とちょっと戸惑ってしまうのではないでしょうか?

 

メガネの処分で迷った時に、おすすめの捨て方5つを詳しくまとめました。要らないメガネをとりあえず保管しているという方は、ぜひ最後までご覧ください。納得のいく捨て方がきっと見つけられます。

    この記事でわかること

  • メガネは自治体や販売店で処分できる
  • 人気のメーカーであれば売却することも可能
  • 古いメガネはスペアとして保管しておく方法も
  • メガネ以外にも不用品があるなら不用品回収業者がおすすめ

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

メガネの捨て方1:メガネは自治体のごみとして出す

分別に注意!手軽に捨てられる!メガネは自治体のごみとして出す!

使わなくなったメガネは、手軽に自治体のごみとして出せます。破損してしまったり古くなったりしてしまったら、ごみとして処分をしていきましょう。

 

破損していたり、度が合わなくなったりして古いものであれば、思い切って廃棄するのがおすすめです。不要になったからといって、放置しているままではメガネに対しても何となく雑な扱いをしているようになってしまいます。

 

素材により可燃ごみか不燃ごみで出せる

メガネを処分する際には、素材によってごみの分別を意識してみてください。

 

  • レンズがプラスチック素材なら可燃ごみ
  • レンズがガラス素材なら不燃ごみ

 

  • フレームがプラスチック素材なら可燃ごみ
  • フレームが金属素材なら不燃ごみか金属ゴミ

 

ただ、フレームからレンズが外れないこともあるでしょう。その場合、フレームの素材によって分別方法が決まるというのが一般的です。

 

せっかく、ごみ回収日に出したのに収集されないということにならないためにも、メガネの分別は、自治体によって異なるため問い合わせしておくのが無難です。

メガネの捨て方2:メガネは販売店の回収サービスを利用する

販売店なら安心!聞いてみよう!メガネは販売店で回収してもらう

メガネ販売店では、不要になったメガネの回収サービスを行っているところがあります。販売店の回収サービスは、リサイクル目的で行っているため遠慮なく引き取ってもらうことができるでしょう。

 

ただし、メガネ販売店によって回収サービスが利用できるところとできないところがあります。引き取りしてもらうには、前もって電話で問い合わせしておきましょう。

 

JINSの回収ボックスでリサイクル

たとえば、JINSではBRING PLA-PLUSプロジェクトで古いメガネのリサイクルを積極的に行っています。スタッフに声をかけた上で、店舗に設置されたリサイクルボックスにメガネやサングラスを入れるだけととても簡単です。

  • JINS以外で購入したメガネでも回収できる
  • フレームやレンズの材質に関わらず回収できる

 

古いメガネを入れることで、エネルギーや新しい資源へリサイクルされるのですからエコにも貢献できます。

 

メガネの捨て方3:メガネを売却する

どこで売れる?お得に処分しよう!メガネを売却してみよう!

メガネを捨てないで売る選択肢もあります。「一定期間でも人が使ったメガネを買う人が居るの?」と思うでしょうが、意外にも売れるケースもあるようです。

買取してもらえば、捨てようと思ったものがちょっとした副収入になります。

リサイクルショップ・買取専門業者を利用する

リサイクルショップや買取専門業者で、メガネの買取査定を受けてみましょう。手早く買取してもらうなら、最寄りのリサイクルショップがおすすめです。30分程度で、査定額が提示されます。

 

ただし、リサイクルショップではメガネの再販で儲けが出るわけですから、ブランド品ではない限り安い買取額だと考えておきましょう。

 

一方、ブランド品のメガネの場合は専門の目利きができる買取業者を利用するのがおすすめです。しかも、店舗買取以外では宅配買取も利用できる買取業者もあるので、地域差なく利用できます。

 

  • 泰八郎謹製
  • ayame
  • Oliver Goldsmith
  • 白山眼鏡店
  • Factory900
  • THOM BROWNE. NEWYORK

 

できるだけ高く買取してもらうには以下のポイントを押さえておきましょう。

 

  • 発売された年数が新しいもの
  • フレームやパッドに汚れや傷が少なめ
  • 海外・国内の人気ブランドのもの

フリマアプリで出品する

一方、フリマアプリで手軽に出品してみる方法も便利です。リサイクルショップよりも上手く行けば高く売れることもあります。気長に売れれば良いという方には向いている方法です。

 

ただし、フリマアプリではサングラスや伊達メガネを出品している傾向が高くなっています。

メガネの捨て方4:メガネを寄付する

誰かに喜ばれる!どこに寄付すればいいの?メガネを寄付する

 

売れるほどではないにしても、まだ使えそうなメガネなら寄付することも可能です。不要なもので寄付ができるのはそれも素晴らしいことではないでしょうか?

 

発展途上国では、メガネを買えない状況に陥ってる人もいるわけです。捨てようと思ったメガネが誰かの役に立っていくののですから、寄付を検討してみませんか?

メガネの寄付を受け付けている団体

団体 寄付方法
ライオンズクラブ国際協会 眼鏡リサイクルセンター
  • 送付の送料は自己負担
  • 1個50円の寄付金を口座に振り込む
  •  再利用される
  • 困窮している地域に送られる
  • 就労支援施設へ中古メガネの洗浄など作業を委託する

 

GLASS GALLERY 291
  • 送付の送料は自己負担
  • 持ち込みも可能
  • 度入りメガネを受け付け
  • 傷や破損があるものは受け付け不可
  • 寄付に該当しなかったものは供養を行う

 

 

メガネの捨て方5:メガネを供養してもらう

こんな捨て方もあり!感謝を込めて!メガネを供養してもらう

愛着のメガネや故人のメガネは、そのまましててしまうのは抵抗があるという方も多いでしょう。メガネは身につけるものであり、これまでの感謝の気持ちを伝えたいものです。視力矯正のためのメガネなら、体の一部と言っても良いでしょう。

 

分身のようなメガネには、感謝の気持ちを伝えたいものです。上野・不忍池辯天堂では、毎年「めがね供養会」を開催しています。最寄りの方は、こちらへ持ち込みしてみると供養を行ってもらえるので安心です。

いずれの場合でも、無料で供養を行ってくれます。

 

  • 東京眼鏡販売店協同組合・加盟店へメガネを持ち込む
  • めがね供養会に出席する

古いメガネはスペアで保管しておくと役立つ

災害時や入院時のために!知っておくべき!古いメガネはスペアとして保管しておく

いくつかの古いメガネがある程度なら、スペアとして保管しておくと役に立ちます。

 

災害や入院など不測の事態になった時の準備をしているなら、メガネも入れておくのがおすすめです。特に、災害時にメガネがなくては動作ができずに困ってしまうでしょう。

 

古いメガネでも問題なく見えるのであれば、災害時にでも視力の維持ができます。

 

思いがけない病気や事故で入院した場合に、これまでのメガネが破損してしまいかねません。災害時と同様に、古いメガネを保管しておけば即座に役立ちます。

 

また、お気に入りのフレームのメガネなら、パソコン作業用や度入りサングラスにするなどサブのメガネとしてリメイクするのもおすすめです。

古いメガネも他の不用品と合わせて不用品回収のKADODEにおまかせ

他の不用品と一緒に楽々回収!メガネも引き取りOK!古いメガネも他の不用品回収のKADODEにおまかせ

古いメガネの他にも不用品がある場合には、不用品回収のKADODEに相談してみましょう。

 

古いメガネが複数あって何らかの事情で早く処分しなければならない時にも、不用品回収なら他の不用品と合わせて即座に回収してくれます。不用品回収のKADODEでは、最短ならご相談から1時間で回収可能です。

 

大掛かりな片付けではなくても、ちょっとした身の回りの不用品を処分したい時にも最適な定額パックもご用意していますので、お気軽にお問い合わせください。フォーム、フリーダイヤルの他、お手軽なLINEでもお問い合わせが無料で承っております。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

メガネの捨て方まとめ

まとめ 納得の行く方法で!メガネの捨て方

メガネの捨て方に悩んでいた方は、意外といろんな方法があることがわかっていただけたでしょう。

 

捨て方は、廃棄だけではなくリサイクルという方法もあります。まだ使えるメガネなら、誰かの元で役立ってくれればエコにも貢献できますね。

 

ご紹介した捨て方の中で、納得の行く方法でお手持ちのメガネを処分してみてください。

 

断捨離や引越し、生前整理など不用品をまとめて処分したい時には、メガネも一緒に不用品回収業者に依頼する方法も便利です。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

東北地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑

不用品のお悩みは解決しましたか?
今ならWEB割開催中!

KDDポップアップ

>>> 料金の詳細はこちら <<<

 

KDDポップアップ