不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
DISPOSAL ITEMS

タブレットの寿命は何年?寿命が来たときの症状や長持ちさせる方法を解説!

タブレットの特性 知っておくべき タブレットの寿命は 症状と長持ちさせる方法

お客様
お客様
タブレットの寿命はどれくらいなの?寿命はどんな症状で分かるの?
お客様
お客様
タブレットを長持ちさせたいけどどんな注意があるのか教えてほしい!

 

タブレットは、コンパクトで扱いやすくモバイルに最適な機器です。とても利便性が良いタブレットで買い求めやすいものの、気になるのが寿命ではないでしょうか?

 

今回は、タブレットの寿命を知りできるだけ長く持たせる使い方をまとめてみました。タブレットにいつもと違う症状が出た時は、バッテリーや液晶ディスプレイの寿命が来ていることが疑われます。

 

タブレットの買い替えを検討すると同時に、適切な処分方法を理解しておくと買い替えもスムーズです。タブレットの寿命を気にしている方は、ぜひご覧ください。

    この記事でわかること

  • タブレットの寿命は2〜3年
  • タブレットの寿命が近づくと電池・電源・画面に症状が現れる
  • タブレットのバッテリーから大体の寿命を確認できる
  • 充電や使用環境に気をつけて使用するとタブレットを長く使用できる

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

タブレットの寿命は何年くらい?

バッテリーは交換すればいい? 覚えておこう タブレットの寿命は

タブレットは、ノートパソコンのように使えて非常に扱いやすいメリットがあります。
反面、寿命が短いと買い替え時期が早くやって来るのでコストがかかるものですね。

タブレットの寿命は、どれくらい持つのかをご紹介しましょう。

ダブレットの寿命は2年ほど

パソコンだと2~3年は軽く持つものが大半なのに対して、タブレットの寿命は2~3年と極端に短めです。
それほど寿命が短いのには理由があります。タブレットのバッテリーそのものの寿命が2~3年程度だからです。

つまり、放電・充電できる回数があらかじめ決められているので、ある程度の使い続けるようになるとバッテリーが正常に充電できなくなります。

 

しかも、バッテリーの交換は誰もが気軽に自力でできるものではありません。

 

  • メーカーで修理をする
  • 修理ショップで依頼する

タブレットのメーカーや機種によって、バッテリーの交換費用は大きく異なります。数千円~数万円の費用がかかるので、バッテリーの交換をせずに買い替えの方がお得な場合もあるでしょう。

タブレットのディスプレイの寿命

タブレットの寿命に関連するのが、ディスプレイです。ディスプレイにも寿命があります。一般的にディスプレイの寿命は15,000~30,000時間ほどなので、1日8時間使っても単純計算すると5~10年は使える計算です。

 

計算通りに使えるわけではなく、使い方によっては寿命が短くなってしまいます。こういった点も、デスクトップパソコンで使うディスプレイとは寿命の違いがあると認識しておきましょう。

OSやアップデートの寿命

順調に使えていたタブレットでも、OSのバージョンアップができなくなるとセキュリティー上の脆弱さが出て来ます。あまりに古いOSのままで使うと、アプリのインストールやアップデートもできなくなってしまうのです。

こうなると、新しいタブレットに買い替えるのが安心・安全です。

タブレットの寿命が近づいたときに現れる症状・サイン

タブレットの寿命が近づいたら 見逃さないで! タブレットの症状・サイン

タブレットを使っていて寿命が近づいている時には、症状やサインが出て来ます。明らかな動作不良ではなく、だんだんといつもとは違う症状が見られるので注意しておきましょう。

電池の減りが早い

タブレットの電池残量表示がすぐに減っていく時は、バッテリーの寿命が来ているのは明らかです。

  • 100%まで充電したのに使用しているとすぐに30%まで減る
  • 動画やゲームをしていると電池の減りが特に早い

思い当たる点がある時には、バッテリーの寿命が来ていると判断しましょう。

突然電源が落ちる

正常に使い続けていたタブレットが、突然、電源が落ちることもあります。いきなりこのようなエラーが起こる場合には、バッテリー以外にもトラブルが起きている可能性もあるでしょう。

画面が正常につかない

タブレットの画面は、いろいろな表示を常にし続けています。

  • チカチカする
  • いきなり線が入る
  • 暗くなってきた

タブレットの画面が正常ではなくなった時には、使用にも支障が出てきているでしょう。見えにくくなったり操作がしづらくなったりすれば、買い替えの時期が来ています。

本体が熱くなり動作が重くなる

タブレットをタッチしていて思うように反応しない、動作が重いと感じる時にも、寿命を疑いましょう。

 

いつもよりも熱くなると、タブレットが安全のためにシャットダウンすることもあります。異常にタブレットが熱くなっている症状が出たら、早めにバックアップをしておくのが賢明です。

タブレットのバッテリー状況の確認方法

定期的に確認 要チェック!タブレットのバッテリー状況

タブレットのバッテリー状況は、適宜確認するように意識しておきましょう。

 

充電を始めたら充電完了しているのにそのまま放置したり、残量を見ないまま使い続けたりという使い方は、バッテリーへの負荷をかけるのでよくありません。

  • タブレットの電池残量表示を確認する
  • 100%充電したまま放置しない(過充電にしない)
  • 0%のままで放置すると劣化しやすい
    タブレット(iPad)のバッテリー状況の確認方法

  1. 設定画面を開く
  2. バッテリーを選択する
  3. バッテリーの状態をタップ

タブレット本体やバッテリーを長持ちさせるコツ

本体やバッテリーの扱い方 ちょっと意識するだけで タブレットを長持ちさせるコツ

バッテリーの寿命を把握すると、タブレットをできるだけ長持ちさせて愛用したいと思うものです。長持ちさせるには、普段からの使い方の注意点を守ることが大切なコツでご紹介します。

充電時にバッテリーの負担を減らす

何気なく充電をしている方は、以下のポイントを抑えた充電方法を実践するようにしてみましょう。

  • バッテリーが充電可能なのは概ね300~500回

過充電は、バッテリーに負担をかけるとお伝えしました。また、少し減っただけで充電をこまめにするのも、充電回数が増えることになるのでバッテリーの劣化を招いてしまいます。

 

充電の頻度を少なくするためには、ある程度減ってから充電をするのが基本です。

使用環境に注意する

タブレットは使い勝手の良さがあるため、活用シーンも幅が広がっています。それだけに、知らず知らずにタブレットを過酷な環境で使っていないか、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

  • 炎天下や高温の場所で使用をし続けない
  • 温度が上がる場所に置き続けない
  • 水のかかりそうな環境に置かない(防水機能のあるものは覗く)

モバイルで重宝するものの、使用時の注意点は意識しておくのがおすすめです。

液晶ディスプレイの負荷をかけない

タブレット本体の使用環境に注意をするだけではなく、ディスプレイに負荷をかけないように気をつけましょう。

  • 乱暴な扱いをしない
  • 温度差が激しい場所に置かない
  • 明るさを上げ過ぎない
  • オンとオフを短時間で頻繁に切り替えない

ちょっとした気配りして使う習慣をつけるようにしましょう。

寿命を迎えたタブレットの処分方法

寿命が来てしまったタブレット 知って役立つ タブレットの処分方法

残念ながら、タブレットの寿命が来ると処分をしなくてはなりません。主に4つの方法があるので、ご紹介しておきましょう。

  1. 自治体で処分する
  2. 家電量販店で引き取ってもらう
  3. 不用品回収業者に依頼する
  4. まだ使用できるタブレットなら売ることも可能

自治体で処分する

タブレットは、自治体で小型家電回収ボックスが設置されていれば入れるだけで処分が可能です。自治体によっては、粗大ごみ・不燃ごみとして回収するところもあるので、まずお住まいのルールを確認してください。

 

以下の方法が便利に利用できるので、参考にしてみてください。

 

タブレットと自分は思い込んでいても、ノートパソコンの小型機種ということもあります。

「PCリサイクルマーク」がついていれば、自治体で回収はできません。処分方法を間違えないためにも、保有している機器の型番から検索してタブレット製品かどうか疑わしい時は確かめておくことをおすすめします。

家電量販店で引き取ってもらう

タブレットは、小型家電リサイクル法によって家電量販店で回収可能です。
家電量販店のタブレット回収

家電量販店 リサイクル料金
ケーズデンキ 無料
エディオン 無料
ヨドバシカメラ 無料

バックアップやデータ消去を済ませて、回収ボックスに入れるだけで済むので手軽に処分できます。

不用品回収業者に依頼する

タブレットを手軽に処分するなら、不用品回収業者に依頼するのも一つの方法です。タブレット以外の不用品をどう分別すれば良いのかが分かりづらい時でも、不用品回収業者なら安心してお任せできます。

 

他に粗大ごみや不用品がたくさんある場合でも、不用品回収業者なら一度の依頼で済むので非常に手軽です。

タブレットや家電、家具などお困りの際には「KADODE」へお任せください。お電話をいただくと迅速に回収に伺います。

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

まだ使用できるタブレットなら売ることも可能

始めからタブレットを数年間隔で新しいものを購入している方なら、買取専門店やリサイクルショップで買取してもらうのもおすすめです。

 

使用できる状態なら、タブレットの中古市場は活発なので買取されやすくなります。買取対象になるかについては、無料査定を利用してみるのも良いでしょう。

まとめ

まとめ 使い方で長持ちを目指そう タブレットの寿命は短い

タブレットの寿命は、思ったより短く2~3年と言われています。ある程度、長く持たせるためにはお伝えした注意点やコツを意識して使うのがおすすめです。

 

タブレット本体、バッテリーの性質を理解しておくと、負荷をかけない使い方が実践しやすくなるでしょう。

 

やがて、寿命が来てしまったタブレットは処分を迫られます。自治体の回収や小型家電リサイクル回収、不用品回収業者での処分が可能です。処分する際には、利用しやすく都合にあったものを選ぶようにしましょう。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

東北地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑

不用品のお悩みは解決しましたか?
今ならWEB割開催中!

KDDポップアップ

>>> 料金の詳細はこちら <<<

 

KDDポップアップ