電子レンジの処分なら日本不用品回収センターへ

日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609
COLUMN

電子レンジの処分方法5選!ヤマダ電機やエディオンの対応など総まとめ

電子レンジの処分方法5選!ヤマダ電機やエディオンの対応など総まとめ

電子レンジは粗大ゴミとして捨てるほかにも、家電量販店に処分を依頼したり、回収業者に依頼したりと、さまざまな方法で処分が可能です。

さらに家電量販店に依頼するにも、エディオンやヤマダ電機、ケーズデンキなど、お店によって対応が変わりますし、回収業者も買取に対応していたり24時間営業だったりとさまざまな特徴があります。

そのため、適切でお得な処分方法を見つけるのは困難です。

そこで、本記事では電子レンジの処分方法を詳しく解説していきます。それぞれの業者の対応やおすすめの処分方法など幅広く紹介していますので、ぜひとも参考にしていただき、あなたに合った処分方法を見つけてください。

この記事を読んでわかること
  • 電子レンジの処分方法
  • 家電量販店の電子レンジの処分対応
  • 電子レンジの処分費用
0120-961-609 
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

家電量販店で電子レンジを処分|ヤマダ電機やエディオン

電子レンジ処分
続いて、大手家電量販店の電子レンジの処分対応について解説していきます。

大手家電量販店の電子レンジの処分対応
  • ヤマダ電機の引き取り対応
  • エディオンの引き取り対応
  • ケーズデンキの引き取り対応
  • ヨドバシカメラの引き取り対応
  • ジョーシンの引き取り対応
  • ビックカメラの引き取り対応
  • ジョーシンの引き取り対応
  • Amazonの引き取り対応
  • ジャパネットの引き取り対応

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ヤマダ電機の電子レンジの処分対応

ヤマダ電機では1,100円(税込)で引き取ってもらえます。

別途料金はかかりますが訪問回収も行っているようなので、車を持っていない方はヤマダ電機の訪問回収を利用するのも一つの手です。

なお沖縄県は引き取り対応していません。

沖縄県の方は別の家電屋さんで処分しましょう。

ヤマダ電機の対応
  • ヤマダ電機の店舗へ持ち込んで売り場係員に尋ねる
  • 段ボールに詰めれば税込1,650円で小型家電をまとめて処分できる
  • 年式が新しければ買い取ってもらえることも

参考:ヤマダ電機

エディオンの電子レンジの処分対応

エディオンでは電子レンジを550円で引き取ってもらえます。

ただし、フランチャイズ店舗では引き取りは行っていないとのことです。

そのため「エディオングループ店舗・チラシ検索」から近くで引き取ってもらえる店舗を確認しておくことが大事です。

近くにエディオンがあるからと言って、車に載せて店舗まで行っても、フランチャイズ店で引き取ってもらえない可能性が考えられるので注意しましょう。

ちなみに、他の家電も数多く引き取り対象となっているので、他にも要らない家電があれば「小型家電リサイクル」から対象になっていないか調べてみましょう。

ケーズデンキの電子レンジの処分対応

ケーズデンキでは2,200円で引き取ってもらえます。

ヤマダ電機と同じように出張料金を支払うことで回収にも来てくれるとのことです。

ただし料金は他と比べると少し高い印象なので、優先度は低いと言えるでしょう。

他に家電屋さんがない場合に利用しましょう。

ヨドバシカメラの電子レンジの処分対応

ヨドバシカメラでは2,200円がかかります。出張も行っており出張料金に関しても2,200円です。

つまり、回収に来てもらう場合は合計で4,400円もかかってしまいます。

そのため、ケーズデンキと同じように優先度は低いといえます。

また一部対象外の店舗もあるとのことなので、利用時は事前に店舗に問い合わせておきましょう。

ジョーシンの電子レンジの処分対応

ジョーシンでは、オーブンレンジは1,100円、電子レンジは550円で引き取りをしてもらえます。

またジョーシンではウェブからの依頼で宅配便でダンボールに詰めて送ることもできます

料金も比較的安いので利用しやすさは抜群と言えるでしょう。

ただし以下の店舗では引き取りを行っていないので注意してください。

引き取りを行っていない店舗
  • 佐渡店
  • 長野インター店
  • 敦賀店
  • 安城桜井店
  • メグリア本店
  • メグリア藤岡店
  • 豊岡店
  • 御坊店
  • 田辺店
  • とくしま店
  • なると店

ビックカメラの電子レンジの処分対応

ビックカメラでは、宅配にて段ボール一箱分で1,958円という料金で引き取りをしています。

手順としては以下の通りです。

ビッグカメラの宅配便回収の流れ
  • ネットで利用券を購入する
  • 利用券が届いたら記載されているホームページもしくは電話から手続きをする
  • 自分用意したダンボールに詰める
  • 希望日時に引き取りに来てくれる

ダンボールの大きさは3辺160cm、重さは30キロ以内と決まっています。

反対に、その条件内であればいくら詰めても問題はないので、他に処分したい回収品目の家電があれば一緒に引き取りしてもらいましょう。

ジョーシンの引き取り対応

ジョーシンの店舗では電子レンジの引き取りを対応しています。引き取りの対応は2つあります。

  1. 店頭引き取り:対象店舗に持ち込み
  2. 配達時引き取り:商品配達時に引き取り
    1. 店頭に持ち込むと550円(税込)で引き取ってもらえますが、以下の店舗では対応していません。

        佐渡店・長野インター店・敦賀店・安城桜井店・メグリア本店・メグリア藤岡店 ・豊岡店・御坊店・田辺店・とくしま店・なると店・Joshin web
        参照:ジョーシン公式サイト

      購入した商品の配送時に引き取ってもらうことも可能です。引き取りサービスは事前申し込みが必要で、当日に依頼しても対応してもらえないので気をつけてください。

      Amazonの引き取り対応

      Amazonで販売している小型家電リサイクル券を購入すると、電子レンジを引き取ってもらえます。段ボール(3辺が160cm以内・重量30kg以内)1つにつき1,970円となっているため、電子レンジのサイズによっては他の小型家電も引き取ってもらえるでしょう。
       
      段ボールの配送は行っていないので、ご自身で用意する必要があります。

      ジャパネットの引き取り対応

      ジャパネットでは電子レンジの下取りに対応しています。下取り付きの商品を購入すると電子レンジを引き取ってもらえます。
       
      一度引き取ってもらった電子レンジを返却してもらうことはできません。商品とは別に下取品回収料として900円がかかります。

      電子レンジの処分方法5選

      電子レンジ処分
      早速電子レンジの処分方法を紹介していきます。

      主な方法としては以下の5つが挙げられます。

      電子レンジの処分方法5選
      • 粗大ごみで処分する
      • リサイクルショップに売る
      • ジモティーで譲る
      • 家電屋さんに依頼する
      • 不用品回収業者に依頼する

      それぞれ詳しく見ていきましょう。

      粗大ごみで処分する

      最も一般的な方法が粗大ごみでの処分です。

      自治体に依頼することで、問題なく粗大ごみとして処分ができます。

      流れとしても「自治体に依頼する」→「コンビニ等で処理券を購入する」→「処理券を貼り付けて回収日に出す」と至ってシンプルなので、誰にでも簡単に捨てられます

      ただし処分費用はどうしてもかかってしまうのがデメリットです。

      また、処分を依頼してから回収に来るまでに時間がかかってしまう場合もあるので「今すぐに処分したい」と考えている場合は、別の方法を検討しましょう。

      とはいえ、特に面倒なことを考えずに確実に処分を進められますし、費用も500円程度なので粗大ゴミで捨てたからと言って大きく損をすることはありません。

      そのため、シンプルな方法で捨てたい場合は粗大ゴミを活用しましょう。

      リサイクルショップに売る

      リサイクルショップに売るという方法もあります。

      電子レンジは比較的中古でも購入されやすいため、リサイクルショップではある程度の値段が付きやすいです。

      大型家電と違って、さほど重くもないので、車に載せてすぐに買取に出せるのも大きなメリットです。

      そのため、使用感の少ない場合は、リサイクルショップで売りましょう。

      ただし、家電製品は、製造から5年がたってしまうと途端に価値が落ちてしまい、買取対象にならない場合も少なくありません。

      もしあまりにも古くて売れる見込みがないのであれば、別の方法で処分をしましょう。

      ジモティーで譲る

      売れる見込みがなくても、ジモティーであれば無料での処分が可能です。

      ジモティーは地域密着型の取引サービスのようなもので、近くに必要な人がいれば、自宅まで回収に来てもらえます。

      ジモティーの取引の主な流れとしては以下の通りです。

      ジモティーの取引の流れ
      • ジモティーに譲りたいものを登録する
      • 引き取り希望者が現れたら取引場所や日時などをメッセージをして決める
      • 取引日時に引き取り希望者に渡す

      ちなみに「無料で譲るのはもったいない」と思う場合は、値段をつけて出品することも可能です。

      フリマサイトとは違って、引き取り希望者が自宅まで来てくれるので送料などがかかりませんし、売る場合にも手数料がジモティーにとられることがありません

      非常に利便性が高いので、ぜひとも一度出品してみてください。

      ただし、人口が少ない地域だと引き取り希望者がなかなか出てきてくれません。そのため、すぐに処分をしたい場合は別の方法を検討しましょう。

      家電屋さんに依頼する

      すぐに処分できる方法として最も一般的なのは、家電屋さんに依頼することです。

      家電屋さんは小型家電のリサイクルをしていることが多く、店舗まで持って行けば引き取りしてもらえます

      料金はかかってしまいますが、営業時間内であればすぐに引き取ってくれるので、引っ越し間近ですぐに手放したい方にとっては重宝します。

      ただし家電屋さんごとに対応が変わってくるので、事前に確認しておきましょう。

      次の章で「大手家電量販店の電子レンジの処分対応」を紹介しているので、家電屋さんでの処分を考えている方はそちらを参考にしてください。

      不用品回収業者に依頼する

      すぐに処分できる方法としてもう一つおすすめなのが、不用品回収業者です。

      不用品回収業者は電話一本ですぐに自宅まで来てくれるので、手間も一切かかりません。車がなくてもすぐに処分ができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

      また買取対応をしている不用品回収業者も多くあり、見積もりは無料なので「一度買取できるかどうかだけ確認したい」という方にもおすすめです。

      もちろん「買取ができるなら売って処分対応なら他の方法で捨てる」といった活用方法も可能です。

      ただし、出張料金を請求してくる業者もあるので、そのあたりの見極めは口コミを確認するなどして、しっかりと対策しましょう。

      電子レンジの処分なら日本不用品回収センターがおすすめ

      日本不用品

      電子レンジの処分なら日本不用品回収センターがおすすめです。

      日本不用品回収センターは全国の広いエリアで展開している不用品回収業者で、実績が高いのが大きなポイントです。

      買取にも対応しているので、状態の良い電子レンジであれば費用をかけることなく処分ができます

      また24時間365日での対応となっているので「引っ越しが近くてすぐに処分しなければならない」「日中は忙しくて夜中しか依頼できない」という方にもおすすめです。

      LINEでの見積もりも行っているので、不用品回収業者として欠点はないと言っても良いでしょう。

      もちろん出張料金はかかりませんし、見積もりをして買取対象になるかどうか確認するだけでも問題ないので、気軽に依頼してはいかがでしょうか。

      電子レンジの処分に関するよくある質問

      電子レンジ処分
      最後に電子レンジの処分に関するよくある質問を紹介します。

      電子レンジの処分に関するよくある質問
      • 燃えないごみでは処分できない?
      • 電子レンジの処分費用はいくら?
      • 家電リサイクル法の対象にはならない?
      • 高く売るにはどうすればいい?
      • 不用品回収業者に依頼する際はどのような状態にしておくべき?

      気になる項目があれば確認しておきましょう。

      燃えないごみでは処分できない?

      電子レンジは、ほとんどの自治体が粗大ごみとしての対応をとっているので、原則として燃えないごみでは処分できません。

      ただし自治体によっては対応が違う場合も考えられるので、念のために自治体のホームページを確認しておくと良いでしょう。

      電子レンジの処分費用はいくら?

      電子レンジの処分費用は処分する方法によって変化します

      粗大ごみとして捨てるのであれば500円前後、家電屋さんに引き取ってもらう場合は1000円前後と考えておきましょう。

      なお、リサイクルショップで売ればお金はかかりませんし、ジモティーで引き渡す場合でもお金はかかりません。

      不用品回収業者も買取対象となれば一切費用をかけずに処分できます。

      無料での処分に挑戦しても損はないので、まずは無料で処分ができないかを試して、難しかったら粗大ゴミや家電屋さんの回収を検討すると良いですよ。

      家電リサイクル法の対象にはならない?

      電子レンジは「小型家電リサイクル法」の対象になっています。

      ですが、この「小型家電リサイクル法」の対象であっても、電子レンジは粗大ごみとして問題なく捨てられます

      冷蔵庫や洗濯機のような大型家電のリサイクル法は、粗大ごみとして捨てられないため、処分に工夫が必要ですが、電子レンジに関しては特に気にする必要はないでしょう。

      高く売るにはどうすればいい?

      電子レンジを高く売るには、庫内の汚れをしっかりと落とすことが大事です。

      特にターンテーブルの裏は汚れていることに気付きづらいので、しっかりと確認して汚れを落としてください。

      またキッチンで長く使っていると電子レンジの上部もがんこな油汚れが付いていることが多いので、しっかりと汚れを落としてから買取に出しましょう。

      ただし、どれだけ汚れを落としても、使用感が感じられるような傷や臭いがある場合は、買取額が低くなりがちです。

      また、前述したように家電は製造から5年以上がたつと価値が大きく落ちます。

      長く使っている電子レンジはあまり期待はできないと考えておきましょう。

      不用品回収業者に依頼する際はどのような状態にしておくべき?

      不用品回収業者に依頼する場合も、可能であれば汚れなどを落として買取対象になるように努めましょう。

      もし買取の見込みがないと分かっているのであれば、汚い状態で回収してもらうのも一つの手です。

      回収処分の対象になった場合は、綺麗だろうと汚れが付いていようと、回収料金は変わりません。

      捨てるつもりならそのままの状態で出して、買い取ってほしい場合は綺麗な状態にしましょう

      まとめ

      電子レンジの処分は粗大ごみ以外にもさまざまな方法があります。

      特にリサイクルショップやジモティー、不用品回収業者は無料で捨てるために非常に便利な方法です。

      時間に余裕があるならできるだけ無料での処分に挑戦して、もし売れなかった場合は粗大ごみや家電屋さんの引き取りにて処分しましょう

      関連記事|こちらの記事もチェック!

      日本不用品回収センター加藤執筆者
      加藤
      ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー。2020年から整理収納コンサルタントとして活動。「部屋の乱れは心の乱れ」をモットーに、一般家庭から企業のオフィス環境の改善までコンサルタント業務を手掛ける。学生時代からコラムニストとしても活動し、不用品回収や収納ノウハウを中心とした記事執筆を行っている。
      監修者・執筆者の一覧はこちら
EXAMPLE

不用品回収品目例

1点から回収します

自治体では回収出来ない不用品も
回収
させて頂きます。

下記のような場面はお任せください!

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!

不用品回収対応エリア

areaページ地図
areaページ地図
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑