不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
COLUMN

千代田区の粗大ごみの出し方と処分料金を解説!

千代田区の粗大ごみの申込や出し方!もう迷わない!自治体と民間業者はどう違う?

お客様
お客様
千代田区で粗大ごみを出したいけど出し方がわからない?手数料はどこで買えばいいの?
お客様
お客様
千代田区で粗大ごみで出せないものがある時は、どう処分すればいいか知りたい!

千代田区は、日本の首都機能を持つ特別区です。そのため、オフィス街および官公庁街、高級住宅地としての独自の色を持っています。一般家庭から出される粗大ごみは、千代田区ではどう処分すればいいのでしょうか?

 

今回は、千代田区の粗大ごみの処分方法を解説していきます。自治体の粗大ごみ回収が利用しやすくなるでしょう。

 

また、自治体と不用品回収業者ではどんな違いがあるのかもまとめました。粗大ごみの量や時間、手間などを考えた上で相応しい処分方法を検討してください。

 

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

千代田区での粗大ごみを出す時は規定を確認しよう

千代田区の決まりは?サイズや数量!粗大ごみを出す時は規定を確認しよう!

千代田区で粗大ごみを出したい場合には、まず規定を確認しましょう。事業で出たごみではなく、千代田区の一般家庭から出た粗大ごみを回収できます。
 
千代田区では粗大ごみの持ち込みを受け付けていないので、処分するときは戸別収集を利用しましょう。

粗大ごみの適応とされるサイズ

粗大ごみ扱いとなるサイズは、30cm以上で1m80㎝以下のものと千代田区で決められています。

 

30㎝に満たない家電や収納ボックスなどであれば、不燃物で回収できます。また、1m80㎝を超える長さのものでも切断できれば粗大ごみで回収可能です。

千代田区で申し込める粗大ごみの数

千代田区で粗大ごみとして申し込める点数は、1回につき10点までです。粗大ゴミをまとめて出したい場合には、2回に分けるようにしなくてはなりません。

千代田区の粗大ごみ収集の手順

まず申し込みから!知って役立つ!千代田区の粗大ごみ収集の手順!

ここからは、千代田区で粗大ごみ収集を行ってもらう手順をご紹介しましょう。粗大ごみ回収を利用するには、事前の申し込みが必要です。

  1. 粗大ごみ受付センターへの予約を申し込む
  2. 千代田区の粗大ごみ処理券の購入と準備をする
  3. 粗大ごみを指定場所に搬出する

粗大ごみ受付センターへの予約を申し込む

まず、粗大ごみ受付センターへ粗大ごみ収集の予約を行いましょう。電話とインターネットのどちらも利用できます。
 
申し込みの際に粗大ゴミの種類や数量を尋ねられます。大きさに応じて粗大ゴミの処理手数料が変わるので、事前にサイズを測っておくと良いでしょう。

電話での申し込み

粗大ごみ受付センターの電話番号 03-5296-7000
受付時間 月曜日~土曜日

午前8:00~午後7:00
※12月29日~1月3日は休み

インターネットでの申し込み

粗大ごみ受付センターのインターネット申し込み(千代田区) https://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2Main/13101/0
受付時間 24時間可能
午前8:00~午後7:00
※12月29日~1月3日は休み

電話・インターネットのいずれでも申し込みや申し込み内容の確認・変更も可能です。

千代田区の粗大ごみ処理券の購入と準備をする

次に、千代田区での粗大ごみ回収の手数料についてご紹介します。手数料の支払いは、粗大ごみ処理券の購入で済ませられる方式です。購入場所や粗大ごみ処理券の準備をしておきましょう。

粗大ごみ処理券取扱所で購入する

千代田区で指定されている粗大ごみ処理券は、以下の2種類です。

  • A券 200円
  • B券 300円

有料ごみ処理券取扱所一覧で販売店を探せます。スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなど利用しやすいでしょう。また、千代田清掃事務所(03-3251-056)でも取り扱っています。

 

申し込みの際に確認した手数料分の粗大ごみ処理券を購入しておきましょう。

粗大ごみに処理券を貼る

粗大ごみ処理券を粗大ごみにそれぞれ貼ります。手数料と粗大ごみを確認して間違わないようにしましょう。

 

新デザインの処理券は、氏名の記載が必須ではありません。個人情報が気になる方は受付番号を書くと安心でしょう。

  • 収集予定日
  • 氏名または受付番号

粗大ごみを指定場所に搬出する

収集日の午前8:00までに、あらかじめ決められた指定場所に粗大ごみを置かなくてはなりません。午後3:00までに粗大ごみの回収が完了します。粗大ごみ回収の際には、申込者の立会いは要りません。
 
戸建ての方は、敷地の入り口や玄関先に粗大ごみを出します。集合住宅の方は、粗大ごみ置き場があればそこに搬出します。または、共有玄関付近で分かりやすい場所に出してください。

千代田区で粗大ごみを出すときによくある質問

千代田区で粗大ごみを出す際のお悩みQ&A!素朴な疑問!ネットで確認を!

千代田区で粗大ごみを出す時には、申し込みや手数料の確認、搬出方法などを考えておく必要があります。

「粗大ごみの手数料をまず知りたい」「搬出できそうになくて困っている」などのお悩みもよくあるものです。

 

悩んだ時のQ&Aをご紹介しておきます。

粗大ごみの手数料がいくらなのか知りたい

千代田区の粗大ごみの手数料は「粗大ごみ品目と料金検索」で調べてみましょう。こちらで品目名から探せるので、非常に便利です。手数料の組み合わせ方も記載されているので分かりやすくなっています。

 

検索しても該当しない場合には、粗大ごみ受付センター(03-5296-7000)へ電話で問い合わせをしてください。
 
千代田区の粗大ごみ手数料一覧(参考)

手数料 品目
300円 布団、椅子、掃除機、照明器具など
600円 自転車、ソファなど
900円 机、シングルベッド、マットレスなど
1,600円 ソファー(2人用以上)、ソファーベッドなど
2,200円 箱者家具(高さ+幅が360cm以上)など

参考:千代田区 粗大ごみの出し方と料金

搬出が困難な場合には「ふれあい収集」を検討しよう

粗大ごみを出したくても、大型家具や家電など運べない方も少なくないでしょう。高齢者や障害者の世帯なら、粗大ごみを部屋から移動するのもできない場合も多々あります。

 

千代田区には「ふれあい収集」という制度があります。高齢者のみの世帯や障がい者のみの世帯と該当する家庭は限られるのですが、職員が収集に来てくれます。

千代田区で粗大ごみ回収できないものに注意

千代田区で粗大ごみ回収できないものに注意!要確認!別の処分方法で!

粗大ごみを千代田区で出そうとしている場合、粗大ごみとして回収できないものもあります。別の方法で処分しなくてはならないので、注意しておきましょう。

家電リサイクル対象品目

以下の家電リサイクル法に基づいた対象品目は、自治体では回収できません。

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

主な処分方法は、以下の通りです。購入店が分かる場合には、そちらへ問い合わせしましょう。買い替えの際には、家電量販店に依頼するとスムーズです。

 

対象品目を回収してもらうためには、家電リサイクル料金と収集運搬料金が必要になります。

  • 家電量販店の回収を利用する
  • 指定引取場所へ持ち込みをする
  • 東京23区家電リサイクル事業協同組合を利用する
  • 新しいものなら買取業者を利用する

パソコンリサイクル法の対象品目

パソコンやディスプレイも千代田区では粗大ごみでの回収はできません。パソコンリサイクル法(資源有効利用促進法)で適切なリサイクルが義務付けられているためです。

パソコンや周辺機器の処分方法は、以下の通りです。

  • メーカー回収(パソコン3R推進協会でメーカー回収が探しやすくなっています)
  • 小型家電リサイクル認定事業者の回収(宅配や店頭)

収集が困難なもの

粗大ごみでも規定を超える大きさや長さになると、収集や運搬自体が困難なので粗大ごみの対象ではありません。

  • 1m80㎝を超えるもの(サーフボード・物干し竿・カーペットなど)
  • 木の幹や鉄柱で直径が30㎝を超えるもの
  • 2人で収集や運搬の作業ができないもの

処理困難なもの

千代田区で適正な処理ができない以下のものも、粗大ごみでは回収してもらえません。

  • 自動車(バッテリー、マフラー等の部品も含む)
  • オートバイ(バッテリー等の部品も含む)
  • 自動車のタイヤ
  • ピアノ
  • 耐火金庫
  • 消火器
  • コンクリートブロック
  • ガスボンベ類

これらの処分は、販売店か処理の専門業者に相談してみてください。

粗大ごみ処理券が適正ではない場合

粗大ごみそのものは規定内のサイズでも、以下の場合には回収してもらえないので注意してください。

  • 粗大ごみ処理券の貼付がない
  • 他の区の処理券が貼付されている
  • 処理券の金額が不足している

千代田区の自治体と不用品回収業者の粗大ごみ回収を比較

粗大ごみ処分で自治体と不用品回収業者を比較!注目!どっちが手軽?

千代田区で粗大ごみを処分するには、自治体と民間業者の2つがあります。

粗大ごみ処分方法 自治体 不用品回収業者
曜日や時間 収集日が決まっている 希望日に回収可能
即日回収 不可 可能
粗大ごみの個数 1回に10個まで 制限なし
準備すべきこと 申込・粗大ごみ処理券の購入や必要事項の記載、添付・指定場所まで搬出 業者の選定・見積依頼・予約
費用 割安 複数まとめて定額プランの利用はお得になる

自治体の場合は、割安な面はありますが粗大ごみを出す際にはいろいろと準備も必要です。一方、不用品回収業者は自治体よりも回収しやすい対応をしてくれるのが大きな違いです。

 

1~2点の粗大ごみなら自治体で回収をしてもらえば済みますが、粗大ごみがいくつもあってさらに大型の粗大ごみもある場合には、不用品回収業者が利用しやすく処分が早いことがわかります。

千代田区の粗大ごみ処分なら不用品回収のKADODEがおすすめ

千代田区の粗大ごみ処分なら不用品回収のKADODEがおすすめ!

千代田区で粗大ごみの処分を楽に済ませたいと思われるなら、不用品回収のKADODEがおすすめです。早く処分をしたい事情がある場合でも、即日回収ももちろん対応できます。

 

お客様の希望に合わせた曜日・時間帯にお伺いできます。もちろん、室内からの搬出から積み込みまでお任せいただけるので、楽に処分が終えられます。

  • 自治体では処分できないものも回収できる
  • 秘密厳守で作業ができる
  • 業界最安値で回収できる

たとえば、軽トラ載せ放題なら15,000円でご利用いただけます。お得な定額プランも各種ご提案できるので、お気軽にお問い合わせください。お見積り無料でお伺いします。

 

千代田区の不用品回収サービス

千代田区の粗大ごみ処分まとめ

千代田区の粗大ごみ処分まとめ!処分を進めよう!

粗大込ごみの処分は初めて利用すると面倒な印象を受けますが、自治体の手順を抑えておけば処分は可能です。申し込みや手数料の支払い、出し方のルールを守って計画的に進めて行きましょう。

 

粗大ごみがたくさんある時や自治体で回収不可のものがある時には、民間業者を利用する方法も便利です。何より自治体の回収よりも制約がなく回収できるので、粗大ごみの処分が一気に解決できます。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

東北地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑