不用品・粗大ゴミ回収なら24時間365日受付のKADODE!

KADODE 24時間365日受付中!0120-966-926
COLUMN

【目黒区】粗大ごみの出し方や手順をご紹介!回収日・品目一覧・お得な処分方法も!

 

目黒区にお住まいの方へ 確認しておきべき 粗大ごみの処分方法

お客様
お客様
目黒区で粗大ごみの出し方はどうすればいいの?
お客様
お客様
粗大ごみは自治体以外でもお得にできる方法はある?

目黒区にお住まいの方は、粗大ごみを出す時の出し方や手順で悩むことはありませんか?粗大ごみとして回収できるものは、どのようなものが対象になるのかも気になるところですね。

 

そんなお悩みを解決できるように、粗大ごみの出し方や料金、お得な処分方法をまとめています。目黒区にお住まいの方で粗大ごみに悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

【目黒区】自治体の粗大ごみの出し方

目黒区の粗大ごみ回収 申し込み方法や手数料 粗大ごみの出し方

 

目黒区で家庭から出た粗大ごみは、事前に自治体に申し込むと有料で回収してもらえます。粗大ごみとして出せる大きさや品目ごとの料金、粗大ごみ収集と持込の申込方法を詳しくまとめました。

無料で回収してもらえるごみの大きさは?

目黒区では、一辺の長さが30㎝以上から粗大ごみとして出さなくてはなりません。したがって、30㎝未満のものは可燃ごみや不燃ごみなど該当するごみとして無料で出せます。

 

30㎝以上のものは粗大ごみとなり、大きさによって300円~1,700円の手数料はかかりますが自治体が収集してくれるので安心です。

【料金表】目黒区の粗大ごみにかかる品目別手数料一覧

目黒区粗大ごみ受付センターへ、事前の申し込みをすると粗大ごみを収集してもらえます。その際に、粗大ごみの大きさによって手数料が決められており、「有料粗大ごみ処理券」を購入が必要です。

 

家庭向けの「有料粗大ゴミ処理券」は、以下の2種類があります。

  • 粗大ごみ処理券200円A
  • 粗大ごみ処理券300円B

購入は、ゴミ処理券取扱所一覧で探せます。

 

以下に手数料別の具体例をまとめてみました。出したい粗大ごみの長さや広さで手数料が異なるので、サイズを事前に測っておきましょう。

 

 

品目 手数料
アイロン台 300円
ウォシュレット 300円
オーディオ機器(ラジオ・CDプレーヤー・アンプなど) 300円

 

オーブントースター 300円
ガスコンロ 300円
加湿器 300円
空気清浄機 300円
グリル鍋・小型調理器 300円
家具調こたつ以外のこたつ・こたつ板 300円
米びつ 300円
コーヒーメーカー 300円
ジューサーミキサー 300円
浄水器 300円
照明器具 300円
除湿器 300円
食器乾燥機 300円
炊飯器 300円
ステレオセット 幅50㎝以下 300円
スピーカー 50㎝以下 300円
扇風機 300円
掃除機 300円
暖房器具(ストーブ・電気ストーブ・ハロゲンヒーター) 300円
電気鍋 300円
電磁調理器 300円
時計(置時計・掛時計・柱時計) 300円
パン焼き機 300円
ビデオデッキ 300円
ビデオプロジェクター 300円
布団乾燥機 300円
ポット 300円
ホットプレート 300円
無線機 300円
餅つき器 300円
トースター 300円

 

品目 手数料
オーブン 600円
家具調こたつ 600円
スピーカー(音楽用アンプ) 600円
スピーカー 50㎝を超える 600円
ステレオセット 幅50㎝超~90㎝以下 600円
暖房器具(オイルヒーター・温風ヒーター・ファンヒーター・パネルヒーター) 600円

 

電子レンジ 600円
卓上ミシン 600円
湯沸かし器 600円
アコーディオンカーテン 600円
椅子(ソファー)1人掛け 600円
椅子(座椅子で回転式・2人掛け 600円
椅子(長いす・ベンチ・2人用・リクライニングチェアー) 600円
縁台・座卓・ちゃぶ台・テーブル(直径100㎝超~150㎝以下) 600円
敷物・じゅうたん(広さ2畳超) 600円
畳1畳 600円
雨戸・建具(アルミサッシ・ガラス戸) 600円
ベビーベッド 600円
ホットカーペット(広さ2畳超) 600円
英文タイプライター 600円
マッサージ機(オットマン・フットレストなし) 600円
車用キャリア(ボックス型・ルーフ型) 600円
ウエストマッサージ機・ぶら下がり健康機 600円
鉄アレイ・ダンベル(10㎏超~20㎏以下) 600円
編み機 600円
子供用遊具(滑り台・ブランコ) 600円
自転車(16インチ超) 600円
台車 600円

 

品目 手数料
除湿器 1,000円
食器洗い乾燥機(乾燥機) 1,000円
風呂釜 1,000円
縁台・座卓・ちゃぶ台・テーブル(直径100㎝超~150㎝) 1,000円
鏡台 1,000円
敷物(広さ6畳未満) 1,000円
畳1畳(発泡スチロール製以外) 1,000円
片袖机・パソコンデスク・ライティングデスク 1,000円
シングルベッド(マットレスを除く) 1,000円
ベッドマットレス 1,000円
鉄アレイ・ダンベル(20㎏超~30㎏以下) 1,000円

 

品目 手数料
ステレオセット 幅が90センチメートルを超える 1,700円
ミシン(卓上型以外:箱型、足踏み式) 1,700円
椅子(2人が計上200㎝以下) 1,700円
敷物(広さ6畳以上) 1,700円
セミダブルベッド・ダブルベッド・キングベッド(マットレウスを除く)・ソファーベッド 1,700円
オルガン 1,700円
カラオケ装置 1,700円
サイクリングマシン・ランニングマシン 1,700円
マッサージ機(オットマン・フットレストなど含む) 1,700円

目黒区の粗大ごみ収集と持込みの申し込み方法

粗大ごみ回収の手数料が分かったら、今度は粗大ごみ収集の申し込みをしましょう。目黒区では、粗大ごみの持ち込みには応じていません。

 

粗大ごみの収集を依頼するには、「目黒区粗大ごみ受付センター」へ電話かインターネットで申し込みをします。

自治体の収集を依頼する場合

粗大ごみの収集は、目黒区粗大ごみ受付センターに申し込み、収集日と手数料を確めます。

同じ粗大ごみでもサイズによって手数料が変わって来るので、前もって寸法を測っておくと申し込みがスムーズです。

 

申し込みが完了すれば、以下の流れに添って粗大ごみを収集してもらえます。

 

  1. 有料粗大ごみ券の下部に、「収集日」「受付番号か名前」を記載する
  2. 収集日の朝に粗大ごみ処理券を粗大ゴミに貼り自宅前に出す
  3. 自治体が粗大ごみを収集する

自分で指定施設まで持ち込む場合

多くの自治体ではごみ処理施設へ粗大ゴミの持ち込みができます。しかし、目黒区では指定施設へ粗大ごみを自分での持ち込みはできません。

電話で相談した場合には、目黒区の収集に関する案内をしてくれるのでそちらを検討してみてください。

電話での申し込み方法

目黒区粗大ごみ受付センターに電話で申し込みができますが、曜日や時間帯を選んでかけるようにしましょう。

 

電話 03-5715-0053

月曜日~土曜日 午前8:00~午後7:00(祝日も対応可能)

ただ、週明けの月曜日や火曜日は問い合わせも多くなり電話がつながりにくいので、他の曜日かインターネットの利用がスムーズです。

インターネットでの申し込み方法

目黒区粗大ごみ受付センターへインターネットで申し込む方法です。

 

インターネット 目黒区粗大ごみ受付センターインターネット受付

 

インターネットなら24時間の利用ができます。インターネットでは、希望に応じて新規申込・追加変更、一部キャンセル・キャンセルの申し込みも可能です。

 

排出品目一覧で収集を希望する粗大ごみの手数料が表示されます。

たとえば、ベッドなら1,700円、ソファーなら600円で粗大ごみ処理券の200円券と300円券の組み合わせまで表示されているので非常にわかりやすくなっています。

 

排出品目一覧で見つからない場合には、電話で問い合わせをしておきましょう。

目黒区の自治体で処分・収集できないもの

目黒区にお住まいの方へ 自治体で処分・収集できないもの

 

自治体では、処分や収集ができないものもあります。自治体によって対応が異なるものもあるので、注意が必要です。出そうとしている品目が、目黒区で粗大ごみとして収集できるかどうかあらかじめ確かめておきましょう。

家電リサイクル法の対象品目

家電リサイクル法の対象品目は、目黒区で処分はできません。家電リサイクル法によってメーカーが回収して有用な資源をリサイクルすると決められているためです。
消費者は、リサイクル料金と収集運搬料金を支払って家電リサイクルセンターに引き取りしてもらうか、小売店に回収してもらうなどの方法で処分をしなければなりません。

 

  • エアコン
  • 冷蔵庫、冷凍庫
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機
  • テレビ

 

区で適正な処理が困難なもの

目黒区では、特殊なものについては適正な処理が困難なものは回収できません。以下のものを処分する際には販売店に問い合わせしてみてください。

 

  • タイヤ
  • ピアノ
  • 耐火金庫
  • 土や砂

 

また、以下のものも目黒区では回収できません。それぞれの回収方法に従って適切に処分をしましょう。

 

有毒性・危険性があるもの

目黒区は、有毒性のあるものや危険性のあるものは回収不可です。購入先に問い合わせをすると処分方法を教えてくれるところもあります。

 

  • ガスボンベ
  • 石油類
  • 工業製品
  • 花火
  • マッチ
  • バッテリー

 

目黒区の自治体以外で粗大ごみを処分する方法

目黒区にお住まいの方は、これまでお伝えした自治体の粗大ごみ回収方法以外でも処分する方法はあります。目黒区で粗大ごみの対象ではないものや指定場所への搬出に困る大型のものなど状況に応じて、利用しやすい処分方法を検討してみましょう。

 

リサイクルショップに持っていく

まだ使えるものや比較的新しいものは、リサイクルショップへ持っていくと買取してもらえます。最寄りのリサイクルショップに持ち込めば、処分にお金をかけなくて済むのでお得です。

 

家電や家具なら製造5年以内のものは買取されやすくなっているので、買取を検討してみるのもおすすめです。リサイクルショップによっては、持ち込みが困難なものを出張買取に対応しているところもあるので活用すると楽に利用できます。

家電量販店で引き取ってもらう

家電リサイクル法や小型家電リサイクル法の対象品目なら、家電量販店で引き取りしてもらえます。

 

家電リサイクル法の対象品目は、リサイクル料金と収集運搬料金を消費者は負担しなければなりません。一方、小型家電リサイクル法の対象品目は、小型のものは中型から大型は500円~4,400円かかります。

 

家電量販店によって異なるので、事前に確かめてみてください。

 

不用品回収業者に依頼する

楽に処分をしたい時には、不用品回収業者への依頼がおすすめです。電話一本で家中にある粗大ごみを回収してくれるので、何より迅速に片付きます。

自治体の粗大ごみは申し込みや粗大ごみ処理券の購入が必要であり、粗大ごみ回収日まで待たなくてはなりません。

 

粗大ごみの回収日は、地域ごとに曜日が決まっているので受付した順番でしか回収してもらえません。不用品回収業者なら希望日に回収してもらえるので非常に便利です。

粗大ごみの回収は不用品回収業者をおすすめする理由

粗大ごみ回収は不用品回収業者をお勧めする理由

粗大ごみの回収を不用品回収業者に依頼するのがおすすめする理由は、いくつもあります。不用品回収業者を利用するのは初めてという方も、どうしてそれほどにおすすめなのかを一度目を通してみてください。

 

  • 最短なら即日対応も可能
  • 自治体で回収できないものも回収可能
  • 粗大ごみを搬出する負担や時間も不要
  • 急いで処分したい時にも曜日に関係なく対応可能

【目黒区】粗大ごみの出し方・手順まとめ

目黒区 粗大ごみの出し方・手順まとめ

 

お伝えしたように、目黒区で粗大ごみを出すには事前の申し込みをしておく必要があります。目黒区では、粗大ごみの持ち込みに対応していないので粗大ゴミの指定場所へ出すのがルールです。

 

粗大ごみによって、手数料が異なるため前もって調べておくと把握しやすいでしょう。粗大ごみ処理券の購入や貼付、搬出する時間を守って出せば、粗大ごみは自治体で回収してもらえます。

 

この機会に、捨てたくても捨て方が分かりにくかった粗大ごみを回収してスッキリと片づけませんか?

また、自治体以外でも粗大ごみの処分はできます。ご紹介した方法で利用しやすい方法を検討してみましょう。

EXAMPLE

不用品回収例

単品からOK!

など、様々な不用品処分
ご活用いただけます。

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!
AREA

対応エリア

areaページ地図

東北地方

0120-966-926
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-966-926
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑